心臓病に注意しておきたい予防と対策の方法

心臓病の中でも狭心症に注意

心臓病の中でも狭心症と呼ばれる症状は動脈硬化が起こり、血管が狭くなって動くだけで血液の流れが充分でなくなってしまうことから胸の痛みなどを引き起こす症状です。また胃痛、背中や喉痛み、左肩にかけた腕の痺れ痛み、歯が浮いたような症状も引き起こします。この他にも狭心症の症状はいくつからありますが、何れにしてもストレスや精神的なことなどが関係していることが多く、何度も発作的に繰り返されると心筋梗塞にもなりかねません。

どうしたら症状を防げるのか

身体を動かすこと以外にも、入浴時、トイレでいきむ、興奮、感情的になることから心臓には負担がかかってしまいます。そのため普段から発作を起こしにくい環境つくりは大切で、例えば興奮するシチュエーションなどは自分の感情をコントロールするのが難しいかもしれませんが、心臓病のことを考えると気持ちを落ち着かせることが大切になってきます。また入浴は温度差に注意が必要なので、予め脱衣場を温めておいたり、浴槽に入る前に少しずつ温度に慣れさせて入りましょう。

心臓病対策に適度な運動と食事バランス

そして心臓病である狭心症の対策として適度な運動はかかせません。ですが起床してすぐなどは避けるようにして一時間ほど経過してからウォーキング、ジョギングなどの軽く汗を流せる程度の運動を心がけるようにしておきましょう。そして塩分の取りすぎは高血圧の元になり、動脈硬化を上げてしまいますので、一日に摂取する塩分は8g、糖分15g、脂15ccで栄養バランスを考えながら食事を摂るようにして心臓病にならない気配りを心がけてください。

大動脈瘤の予防法として明確化されたものはありませんが、動脈硬化が主原因とされている為、日常の食生活や運動に留意することが有効とされています。