オーガニックコスメなら大丈夫は間違い!?オーガニックの落とし穴

オーガニックコスメで肌荒れ

オーガニックコスメなら大丈夫と思って使ったら、なぜか肌に合わずに肌荒れといった経験をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。オーガニックや無添加といったコスメが最近注目を集めていますが、実はオーガニックだから100%アレルギーがないというわけではないのです。食品アレルギーなどを考えてもられば容易に想像がつきますが、そばや大豆、小麦粉など天然の食品でもアレルギーがあるように、オーガニックの成分でアレルギーが出てもおかしくないのです。

キャリーオーバーの落とし穴

日本では化粧品に含まれる成分は全て記載しないといけない決まりがあります。ただ、ここで一つ知ってもらいたのがキャリーオーバーです。成分の抽出や安定の際に何らかの物質が用いられることがあり、これをキャリーオーバーと言います。この成分に関しては記載の必要はないのです。つまりノンアルコールとあっても、実は抽出の際にアルコールが使われていることや、ノンシリコンとあっても成分安定のためにシリコンが使われている可能性もあるのです。

自分の肌に合うものを使うべし

オーガニックや無添加であれば安心でないことは、これでおわかりになったでしょう。今、日本で販売されている化粧品は、オーガニックや無添加でなくても気にするほど劣悪な商品は存在しません。オーガニック、無添加を気にするのではなく、自分の肌に合ったコスメを見つけることが一番なのです。それに出会うまでにはたくさんのコスメを試さないといけません。初めて使うコスメは、まずは試供品をもらって腕の内側などでアレルギーがないことを確認してから顔に使いましょう。無料の試供品で肌に合わなければ無駄な出費を防げます。

秋コスメではダークカラーの口紅等を使うと旬顔になれます。その中でも注目がボルドーです。赤ワイン色のボルドーは日本人の肌を綺麗に見せる色だといわれているのでこの秋はボルドーの口紅で旬顔になりましょう!