若いうちから気を付ける!心臓病を防ぐ食生活を

毎朝2杯のオレンジジュースで健康に

えっ?オレンジジュースなんかでいいの?という方もいるでしょうが、果汁100パーセントのオレンジジュースには葉酸が多く含まれていて、これが心臓病や癌を予防してくれるんだとか。葉酸は野菜に多く含まれるものですが、火を通すと壊れてしまいます。かといって、サラダなどでは摂れる量に限界がありますので、オレンジジュースが良いというわけです。ただ、飲み過ぎには注意してください。オレンジジュースは1日にコップ2杯までが基準です。他の野菜ジュースは飲みづらいものもありますが、オレンジジュースなら、美味しく長く続けられそうですよね。

女子も大好きなアボカドがGOOD

若い女子にもおすすめなのが、森のバターとも言われるアボカド。血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれるアボカドは、1日に半個程度で効果があるようです。また、血中コレステロールを下げてくれるだけでなく、肝臓の機能も健康的にして生活習慣病を防いでくれたり、ビタミンEの含有量が多いことから老化防止にもなったり、様々な面で効果が期待できる食材です。アボカドは購入時にまだ固いものもありますが、少しお部屋に置いておくと、熟して柔らかくなり、食べやすくなりますよ。

毎日少しのナッツで美味しく予防

心臓病の予防に良い食材として、簡単に摂れるのがナッツ。単不飽和脂肪やビタミンE・繊維・オメガ3脂肪などを含んでいるナッツは、悪玉コレステロールを減らしてくれるのだそう。1日に一握り程度のナッツを食べ続けることで、心臓病の発生率を低下させたり、心臓の血管の健康を維持したりという効果が期待できます。ただ、ナッツも食べ過ぎには注意が必要です。ナッツ自体が高カロリーだというのもありますが、特に、塩気が多いものや甘く加工されたものなどを選ぶときには、あまり摂りすぎないように気を付けましょう。

大動脈弁狭窄症の治療を受けたいならば、医療機関の口コミサイトを閲覧して、信頼できる病院を見つけることが重要です。